■ワイン名(原語)/AssenSO2 Barbera d’Alba 2011 Fontanafredda ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/バルベーラ ■生産者名/フォンタナフレッダ ■産地/イタリア/ピエモンテ ■原産地呼称/DOCバルベーラ・ダルバ ■生産年/2011 ■内容量/750ml
アッセンソドゥーエバルベーラダルバ 2011 フォンタナフレッダ 赤ワイン S Y A P 格安,セール

アッセンソドゥーエバルベーラダルバ 2011 フォンタナフレッダ 赤ワイン S Y A P 格安,セール —— 2,500円

今すぐ購入
■ワイン名(原語)/AssenSO2 Barbera d’Alba 2011 Fontanafredda ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/バルベーラ ■生産者名/フォンタナフレッダ ■産地/イタリア/ピエモンテ ■原産地呼称/DOCバルベーラ・ダルバ ■生産年/2011 ■内容量/750ml
アッセンソドゥーエバルベーラダルバ 2011 フォンタナフレッダ 赤ワイン S Y A P 驚きの破格値,豊富な

アッセンソドゥーエバルベーラダルバ 2011 フォンタナフレッダ 赤ワイン S Y A P 驚きの破格値,豊富な —— 2,500円

今すぐ購入
■ワイン名(原語)/Adeo Bolgheri Rosso [2004] Campo Alla Sughera ■色/赤ワイン ■味わい/中口・中渋口 ■ブドウ品種/カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー ■生産者名/カンポ・アッラ・スーゲラ/Campo Alla Sughera ■産地/イタリア/トスカーナ地方 ■原産地呼称/ボルゲリD.O.C ■生産年/[2004] ■内容量/750ml 世界的なワインの銘醸地 『ボルゲリ』のテロワール体感! ★★★★★の出来映え2004年 世界的にも ワインの銘醸地 の一つとして名前が上がる、イタリア・トスカーナ地方。 中でも特に 『ボルゲリ地区』 は、1970年代からの、サッシカイアやオルネライア、マセトなどのワインが登場した スーパー・トスカン・ブーム に乗って、一躍有名になりましたが、実は、そのワイン造りの歴史は古く紀元前から行われているのだとか。 その恵まれた土壌は、今も昔もワインの名産地として 『憧れの地』 であり、このカンポ・アッラ・スーゲラも、そんなボルゲリに魅せられた一人なのです。 ドイツの石膏建材メーカーのクナフ社が長年の夢であったトスカーナでのワイナリー運営を、 満を持して 始めたのが事の始まり。 14haのブドウ畑に加えて、近年新たに6ha購入し、黒ブドウはカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、プティ・ヴェルドを。白ブドウはヴェルメンティーノ、ソーヴィニヨン、ヴィオニエ、シャルドネを栽培しています。 彼らのワイン造りは、『恵まれた土地に人の英知が加わり、初めて私達のワインが生まれる』と語る様に、 厳しい収量制限 と、 惜しみない設備投資 により、 『ボルゲリのテロワール』 をシッカリと伝え、フィネスを感じる、洗練されたワイン造りを行っています。 そんな彼らのフラグシップワインが、初リリースから鮮烈なデビューを飾った『アルニオーネ』。 イタリアの評価本『ガンベロロッソ誌』や『ヴェロネリ誌』、『エスプレッソ誌』はもちろん、国を越えて、イギリスの『デカンター誌』やロバート・パーカー氏が 90点を越える評価 を付けるなど、 毎年尽きることなく高評価 を受け続けています。 そんな『アルニオーネ』をお手頃な価格で、その片鱗を楽しめるというのが、弟分の『アデオ』! バランスの良い、やわらかく、飲み応えのある味わいで、しかもこの2004年はカンポ・アッラ・スーゲラが、2001年にワイン造りを始めて以来、 ★★★★★ の出来映えの年 と言うから、さらに期待が膨らみますよね♪ 魅惑のワイン産地 『ボルゲリ』のテロワール を、ぜひ体感して下さい!
アデオボルゲリロッソ 2004 カンポアッラスーゲラ 赤ワイン S 爆買い,低価

アデオボルゲリロッソ 2004 カンポアッラスーゲラ 赤ワイン S 爆買い,低価 —— 3,700円

今すぐ購入
【販売状況】 634本の注文殺到中♪ (2006年12月22日) ルイジ・リゲッティが所有する畑は、僅か8ha。 残りは18件の契約農家からブドウを買って、仕込んでいます。 契約農家との繋がりは深く、今 82歳 になる、リゲッティ家のおじいさんが、 毎朝6時 から各畑を見回り、理想のブドウを育ててもらっています。 そうして育まれたブドウを陰干し、凝縮感を増したブドウの糖度が完全になくなるまで、約一ヶ月をかけて発酵させて生まれるのが、イタリア・ヴェネト州の誇る高級辛口赤ワイン、アマローネです。 その造りから、通常のワインの仕込よりも手間と時間のかかるアマローネは、その分、アマローネでしか出せない深み、香りの豊かさ、緻密さ、長期熟成に耐えうるクオリティを誇るのですが、普通はやはり、お値段もそれ相当に上がってしまいます。 しかも、その凝縮感から、アルコール度数は15%にも上るため、時として、若い時には強すぎる印象のあるアマローネですが、ルイジ・リゲッティのアマローネは、そのバランスの良さで、アルコールの高さを感じさせず、とても滑らかな口当たりを楽しめます。 グラスに注ぐと、抜栓直後だと言うのに、カシス・リキュールやカカオ、モカ、プラムやバニラ、バラの香りが豊かに香ります。 この香りに、 私の期待度はグ~ッとアップ! 会話を止め、試飲に集中。 味わいは滑らかで、凝縮感とキメの細かさに、綺麗なミネラル分が感じられます。 緻密で滑らかな質感には、ひんやりとした口当たりの良さが感じられ、スッと喉を通った後に、心地よく、カシスやモカ、花の香りを残す余韻が感じられます。 あまりのお値打ちに、 少しひるんでしまいました が、その美味しさは、そんな心配をも忘れてしまうほど。 『美味しく飲ませてもらえば良いですよね♪』 リゲッティ家への感謝の気持ちは、美味しく楽しむのが一番♪ ヤバイ位にお値打ちの旨さ! ルイジ・リゲッティのアマローネ到着! 北イタリア こんな値段で、良~いんですか? アマローネが、3千円台だなんて… 市場価格よりも2~3割もお買い得感♪ 『それはちょっと、ヤバいんじゃないですか?』 思わず、このワインを飲んだ時、そう言ってしまいました。 グラスに注ぐと、抜栓直後だと言うのに、カシス・リキュールやカカオ、モカ、プラムやバニラ、バラの香りが豊かに香ります。 この香りに… 私の期待度はグ~ッとアップ! 会話を止め、試飲に集中。 味わいは滑らかで、凝縮感とキメの細かさに、綺麗なミネラル分が感じられます。 緻密で滑らかな質感には、ひんやりとした口当たりの良さが感じられ、スッと喉を通った後に、心地よく、カシスやモカ、花の香りを残す余韻が感じられます。 《私の感想は…》 『あっ、2001年なのに、もっと固いかと思ったら… これ、良いです! でも、この価格はやっぱり… ヤバいんじゃないですか?』 『それはちょっと、ヤバいんじゃないですか?』 思わず、このワインを飲んだ時、そう言ってしまいました。 グラスに注ぐと、抜栓直後だと言うのに、カシス・リキュールやカカオ、モカ、プラムやバニラ、バラの香りが豊かに香ります。 この香りに… 私の期待度はグ~ッとアップ! 会話を止め、試飲に集中。 味わいは滑らかで、凝縮感とキメの細かさに、綺麗なミネラル分が感じられます。 緻密で滑らかな質感には、ひんやりとした口当たりの良さが感じられ、スッと喉を通った後に、心地よく、カシスやモカ、花の香りを残す余韻が感じられます。 『あっ、2001年なのに、もっと固いかと思ったら… これ、良いです! でも、この価格はやっぱり… ヤバいんじゃないですか?』 私が試飲していたのは、イタリア・ヴェネト州の名産、 陰干しブドウ から造る 辛口の高級赤ワイン として知られる 『アマローネ』 です。 アマローネとして充分に質が高く、こんなに美味しいのに、3000円前半という、 ちょっと信じられない価格なんです♪ しかも、そのお値打ちの理由は、生産者ルイジ・リゲッティ・ファミリーの人柄の良さゆえとか。 『いや、ここの人はね、ほんとに人の良い人で…実は、お付き合いして以来、ほとんど値上げしないんですよ。 ほら、一番初めの価格から、 100円しか上がってないんです(汗) 』 聞けば、この造り手、ルイジ・リゲッティに出会ったのは、1997年のイタリア買い付けの時。 この年の最大の発掘目標は、アマローネだったとか。 場所はイタリア・ワイン界最大のイベント、《ヴィニタリ》。 アマローネに照準を絞り、20件以上の生産者のアマローネを試飲したにも関わらず、納得のいくものに出会えませんでした。 『このまま理想のアマローネを見つけられずに帰るのか…』 諦めかけたそんな時、直接訪問した一軒。 そう、その運命の出会いの一軒こそが、ルイジ・リゲッティだったのです。 品質がトップ・クラスであるにも関わらず、当時から 市場価格よりも2~3割もお買い得 感があったこの造り手と出会い、めでたく目的を果たして帰国(^O^)v こうしてお付き合いを続け、毎年素晴らしいアマローネを送り出してくれるにも関わらず、おおらかな性格の、自分達のワインを本当に愛する4代目、ジャン・マリア・リゲッティ氏の心意気によって、ほぼ値上げ無しの状態を維持。 そんな訳で、そのお値打ち度は年々増すばかり♪ 『必ず年内に、皆さんに一度は飲んで頂かないと~♪』 思わず、そんな 使命感 すら感じる、 ヤバイ位にお値打ちの旨さ! ルイジ・リゲッティのアマローネ到着!
アマローネデッラヴァルポリチェッラ 2001 ルイジリゲッティ 赤ワイン 激安大特価,大得価

アマローネデッラヴァルポリチェッラ 2001 ルイジリゲッティ 赤ワイン 激安大特価,大得価 —— 2,900円

今すぐ購入
完熟ブドウ! フルボディのしっかりした 赤ワインを飲む日には、イタリア・ヴェネト州の赤ワイン、『アマローネ』が持ってこい! 十分に完熟したブドウを収穫し、陰干しをして 自然乾燥させたブドウ を使って醸造された、伝統的な赤ワイン。 2008年物が… 【世界各誌での評価】 ■米国『ワイン・スペクテイター2012年』で、 92点! ■イタリア『ルカ・マローニ2013年』で、 91点!! ■イタリア『ガンベロ・ロッソ2013年』で、 2グラス!!! と、 絶賛された アマローネの造り手、『トッレ・ドルティ』。 地元でも人気 があり、多くのレストランのワインリストに並んでます。 割と値が張るワインなのですが、この度、 価格をググッ押えて のご案内です♪ ■ワイン名(原語)/Amarone della Valpolicella 2009 Torre D'Orti ■色/赤ワイン ■味わい/フルボディ ■ブドウ品種/コルヴィーナ/コルヴィノーネ/ロンディネッラ/オセレータ ■生産者名/トッレ・ドルティ ■産地/イタリア/ヴェネト ■原産地呼称/DOCアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ ■生産年/2009 ■内容量/750ml
アマローネデッラヴァルポリチェッラ 2009 トッレドルティ 赤ワイン Y S 100%新品,2017

アムサンドゲヴェルツトラミネール 2006 アロイスラゲーデル 白ワイン 正規品,最新作 —— 4,600円

今すぐ購入
 ■ワイン名(原語)/A-yuzuki! 2009 Trinchero ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアム~フルボディ ■ブドウ品種/バルベーラ ■生産者名/トリンケーロ ■産地/イタリア/ピエモンテ ■原産地呼称/ ■生産年/2009 ■内容量/750ml
アユヅキ 2009 トリンケーロ 赤ワイン Y 正規品,SALE

アリアーニココンタドリセルヴァ 2009 ディマーヨノランテ 赤ワイン Y P 送料無料,安い —— 1,800円

今すぐ購入
手頃な375mlサイズ! 基本的にはアマローネと同じ畑 、区画から造られます。 しかし、毎年、 『この畑のこの区画はレチョートになる。』 という事は、 ジュゼッペ・クインタレッリ氏の感覚 で認識されているようです。 なぜならば、この甘口ワインになる為には、最初の発酵から、熟成期間におこる最後の発酵まで数回にわたる発酵が終了した後も、高い糖度を有していないといけない訳で、特に優れた葡萄である必要があるという事である。 イタリアの歴史で、最も古い甘口赤ワイン 、一度は飲むべきだと思います♪ 【醸造】 造り方はアマローネと酷似。 スロヴェニア産オーク樽で7-8年熟成。 【葡萄品種】 コルヴィーナ55%、ロンディネッラ25%、カベルネ、ネッビオーロ、クロアティーナ、サンジョヴェーゼ 【収穫時期】 9月末~10月初旬
アルゼロ カベルネIGT 1997 ジュゼッペクインタレッリ 赤ワイン 100%新品,大得価

アルゼロ カベルネIGT 1997 ジュゼッペクインタレッリ 赤ワイン 100%新品,大得価 —— 30,200円

今すぐ購入
手頃な375mlサイズ! 基本的にはアマローネと同じ畑 、区画から造られます。 しかし、毎年、 『この畑のこの区画はレチョートになる。』 という事は、 ジュゼッペ・クインタレッリ氏の感覚 で認識されているようです。 なぜならば、この甘口ワインになる為には、最初の発酵から、熟成期間におこる最後の発酵まで数回にわたる発酵が終了した後も、高い糖度を有していないといけない訳で、特に優れた葡萄である必要があるという事である。 イタリアの歴史で、最も古い甘口赤ワイン 、一度は飲むべきだと思います♪ 【醸造】 造り方はアマローネと酷似。 スロヴェニア産オーク樽で7-8年熟成。 【葡萄品種】 コルヴィーナ55%、ロンディネッラ25%、カベルネ、ネッビオーロ、クロアティーナ、サンジョヴェーゼ 【収穫時期】 9月末~10月初旬
アルゼロ カベルネIGT 1997 ジュゼッペクインタレッリ 赤ワイン 2017,安い